交通事故の被害に遭った場合の慰謝料について

交通事故の被害に遭った場合の慰謝料について

交通事故の被害に遭った場合には、加害者側に対して損害賠償金を請求することが可能です。交通事故の損害賠償金は積極損害と消極損害と慰謝料に大別することが出来ます。

マイナビニュースのことならお任せください。

積極損害とは、事故の被害に遭ったことによって支払わなければいけなくなった費用のことです。

主に治療費や入院費、入通院の為の交通費などが含まれます。



消極損害とは、交通事故に遭わなければ得られたであろう利益のことです。
休業損害や逸失利益などが該当します。慰謝料とは精神的な苦痛に対する賠償金のことで、入通院に対するものと後遺障害の対するものの2種類に分けられます。

入通院に対する慰謝料は、入通院の日数に応じて支払われます。一方、後遺障害に対する慰謝料は、後遺障害等級に応じて支払われます。
交通事故の損害賠償金に関しては、後遺障害が認められるか否かによって金額が大きく異なりますので、適切な後遺障害等級で認定されることが非常に重要です。


しかし、鞭打ちなど目に見えない後遺症は、後遺障害等級が認定されない場合もあります。

交通事故の慰謝料情報を見付けるのに、このサイトを参考にしてみてはいかがでしょう。

そのような場合は、弁護士に相談するなどして適正な認定を行ってもらうようにすることが必要です。

提出する書類や資料などによっても、認定の可否が分かれますので弁護士のサポートを受けることが重要となります。

また一度認定された場合でも、その等級が適正であるかどうかを再調査してもらうことも可能ですので、気になる場合は出来るだけ早く弁護士に相談することが重要です。


Copyright (C) 2016 交通事故の被害に遭った場合の慰謝料について All Rights Reserved.